太陽光発電システムに必要なパワーコンディショナー

パワーコンディショナーはインバーターの一種で、太陽光発電で作られた直流電流を、家庭で使用可能な交流電流に変換します。屋内型と屋外型があり、屋外に設置する方が若干価格が高めですが、その分、騒音を気にする心配がありません。さらに屋外型の方が変換ロスが少ない傾向にあります。そして通常、故障などはしにくい機器ですが、一般的に10年から15年を目安にメンテナンスを行います。

また電力には一相から三相まであり、パワーコンディショナーにも一相用や三相用があります。三相の方がパワーが大きいため、売電収入をアップさせたいなら三相タイプがおすすめです。大手の電気機器メーカーから様々なタイプのパワーコンディショナーが発売されており、20万円から30万円が相場です。メンテナンスの際に基板の交換を行うだけなら、2万円程度で済みます。

さらに太陽光発電システムを設置したい場合は、このパワーコンディショナーの他に、太陽電池モジュールと設置する架台などが必要になります。初期費用も多少は必要となりますが、発電を始めればその売電収入をローンの支払いに回すことが可能です。尚、太陽光電池モジュールの定期点検費用は、1回につき2万円程度ですが、各メーカーや施工会社に様々な保証プランが用意されています。そのため契約の前に、保証内容を確認すると良いです。

また太陽光発電システムでは一定期間、売電単価が保証されるので、リスクの少ない投資と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です