太陽光発電を生かすためのパワーコンディショナー選び

パワーコンディショナーとは、太陽光発電によって作られた電気を、家庭で使えるような電気に変換する装置です。パワーコンディショナーという名称は日本で作られた和製英語で、海外ではフォトヴォルティック(太陽光発電)インバーターという呼び名で通用しています。太陽光発電で作られる電気は直流電気で、通常発電所から送られて家庭のコンセントに届いている交流電気とは違う性質があります。一般の家電製品などは、コンセントに接続して交流電流で使うように作られているため、せっかく太陽光発電で電気を作ってもそのままでは使用できないということです。

そこで、パワーコンディショナーを用いて、家庭で使ったり売電したりできる交流電気に変換することになります。また、天候などに左右されやすい発電量を調節して、安定した電力を供給するなど、作られた電気を安全に管理するような働きもあります。そのため、パワーコンディショナーを選ぶ時の基準として、変換効率と最大定格出力が重要となります。変換効率は作られた電気を変換する際にいかにロスを少なくできるかという点で、最大定格出力はソーラーパネルの発電量に見合った最大の出力かという点でチェックします。

正しい機器を選択することによって、費用対効果をあげることができます。また、パワーコンディショナーは、太陽光パネルが発電している間は常に音がするので、運転音なども確認して、置く場所を考えながら選ぶ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です