お歳暮とはどのようなものか

subpage01

日本には古くから続いている風習が多くあり、季節の風物詩になっています。


その中には他の人に日頃の感謝の気持ちを物品で表現する場合があり、年賀はがきや暑中見舞いなどがありますが、似たような形式でお歳暮があります。


これは師走に入るとお世話になった人にお礼の意味で行う伝統であり、夏場に行うお中元も同じ意味で行われている慣習です。

お歳暮のことならこちらのサイトが便利です。

このお歳暮やお中元は江戸時代を起源にしていて、現在はカタログから選ぶものがあったり海外の商品も使われるようになりましたが、他の食料品や日用雑貨などの種類は大きく変化していません。これはあまりに違和感を生じる物品では贈られた相手が嫌悪感を抱く可能性を配慮した結果であり、継続している行事を重要視する日本人の気質と言えるでしょう。


このお歳暮は時代の流れの中でその内容を変化していて、特に近年は個人の考え方が多様性を持つようになったことから、このような古くから行われていた行事が廃れる傾向が強くなっています。

これはお歳暮は贈る側が贈られる相手側の人物像から好みなどを予測して物品を贈るため、場合によっては必要の無い物品の場合も少なくありません。



そのため、贈答品であっても好感を持たれないケースもあり、そのような状況から贈り物をしなくても問題がなくなっています。



お歳暮は贈る方も受け取る方も手間がかかり、それでいて以前と比較すると、それほど感謝の気持ちが強くならない傾向があります。


これは継続している行事のために当然と考えてしまうことが要因であり、これからも続けるのであれば時勢に適合した方法に変化することが求められています。