お歳暮のお礼状を書く際の構成や流れ

subpage01

お歳暮は贈る側はマナーを守って、時期や商品などをしっかり選ぶ事がポイントです。

お歳暮関する便利な情報が満載です。

ただしマナーとしては送る側だけでなく、贈られた側にもしっかり対応する必要があります。まずお歳暮を受け取ったのであれば、贈ってくれた人へ感謝の気持ちを込めたお礼状を送るのが基本となります。
お礼状は遅くなるのはマナー違反となるので、できるだけ早めに送ることが大切です。お歳暮が届いてから出来れば3日以内に送るのが良いですが、どうしても遅れてしまう場合であればお礼が遅れた事に対するお詫びを文言に伝えることも重要となります。


では実際にお礼状を書く際の構成や流れですが、まずは手紙のマナーを守って頭語を使用します。

頭語自体は手紙の最初に書く言葉であり、締めくくりの言葉とセットで使用するのが基本です。頭語と締めくくりの言葉の組み合わせには注意して、相手への敬意を表した頭語から書き始めます。
次は時候の挨拶を書き始めることで、マナーとして季節にちなんだ挨拶を行います。



その流れで送った相手側の安否などを考慮した文章に続けると、文書的によりスムーズにまとめる事が可能です。流れとしてはお礼の言葉を続けて、贈った相手側の健康などを気遣う言葉へと繋げます。

最終的に結びの言葉へと流れることで、全体的にまとまっており読みやすい手紙にする事が出来ます。


目上の人や上司などに送る場合は、しっかりお礼状を作成して送ることが基本です。
手書きで書く際は慣れていないと苦労する事もあるので、毎年届くお歳暮があるのであれば事前に準備しておくのも良い方法です。