• スポーツサポーターは痛みを緩和します

    膝や肘などの痛みが強い場合、スポーツサポーターを付ける人が増えています。いろいろな種類のスポーツサポーターが販売されていて、さまざまな部位に対応することが可能です。

    このような装具は関節に加わっている負担の一部について吸収してくれたり、急性期などに使用すると症状を緩和することができます。


    筋肉は基本的に使わないでいると怠けるという性質があるので、急性症状における軽減に特に効果を発揮することが可能です。

    スポーツサポーターの人気度が上昇しています。

    但し、慢性期において使用するなど無計画に装具するような療法を行うと、患部の筋力が低下したり筋の萎縮などの原因にもなるので注意しましょう。そのような状態を防ぐため、急性症状が緩和していくと筋肉を使うといった方針に進えることが大事です。


    高齢者の場合痛みのある時期に不必要な安静などを続けていると、筋力や体力低下をきたすかもしれません。



    スポーツサポーターを利用しながら適度に運動すると、楽な姿勢でエクササイズなどを行うことが可能です。
    いろいろな種類のサポーターがあり、例えば両側に金属板が入っているサポーターを膝関節につけると、横方向の動揺が吸収されるようになるので歩行中の痛みがかなり楽になります。足首を捻挫している場合は動かさないのが1番の近道になるので、サポーターで固定すると足首のブレなどを防ぐことができ可動域について最小限にすることが可能です。

    回復を助けることができたり、痛みを和らげてくれるので便利です。
    平常時に足首サポーターを使うと足首への負担を軽減するので、捻挫のリスクを低下することができます。