• 体を保護するスポーツサポーター

    • サポーターと聞くとケガをした人が付けているイメージがあるかもしれませんが、スポーツ選手も活用している装着具です。

      酷使する部位を守る役割を持ち、分かりやすいところではバレーボールの選手が膝を守る為に付けています。

      バレーボールはどうしても床に擦ってしまうスポーツなので、ケガをしない様にサポーターを付けるのは一般的となっています。

      スポーツで使うサポーターをスポーツサポートと言います。

      あそこまでしっかりしたものでなくても、スポーツサポーターは補助的な使われ方をしています。

      スポーツサポーター関する情報選びといえばこちらのサイトです。

      例えばサッカーで肌をすりむいてしまった、ケガをしていて当たると痛い、そういった時にその部位にスポーツサポーターを装着します。
      体の保護とケガは同じではありませんが、外からのダメージでケガをするという観点で見ると延長線上にあります。
      スポーツサポーターを使って体を保護し、ケガのないスポーツ環境を作るのも大切です。
      また、実際にケガをした時もテーピングという意味でスポーツサポーターは使われます。
      テーピングはケガをした部位をガードするだけでなく、固定して動かさない様にする効果があります。



      その上からスポーツサポーターで固める事で、さらなる安定が見込めます。

      その状態はかなり頑丈になっているので、多少動かせるぐらいケガした部位が保護されています。それぐらい頑丈なものなので、ケガをしていない時に装着しても効果があり、またスポーツを安心して行える防護服にもなるのです。



  • スポーツサポーターの最新考察

    • 足首用のスポーツサポーターを活用しよう

      スポーツサポーターは痛みがあるときに緩和させる役割も持っていますが、怪我による故障を防ぐ予防としての役割を考えて利用していくことが大切です。一度痛めてしまうと何度も再発しやすくなってしまうことも多いから、体の大切な場所を保護して予防に努めましょう。...

  • スポーツサポーターについて思うこと

    • スポーツサポーターは何を基準に選ぶ?

      スポーツサポーターを選ぶうえで忘れてはいけないポイントの1つが、自分の状況に合わせて適切な種類を選択するという点です。例えば怪我を防ぐために使いたいと考えている場合でも、目的に合わないものを使うと痛める原因になってしまうケースも見られます。...

  • スポーツサポーターのサポート情報・いまどきのスポーツサポーター

    • スポーツサポーターは痛みを緩和します

      膝や肘などの痛みが強い場合、スポーツサポーターを付ける人が増えています。いろいろな種類のスポーツサポーターが販売されていて、さまざまな部位に対応することが可能です。...

    • 膝や腰の痛みにはスポーツサポーター

      今まではとくに感じたことがなかったにも関わらず、急に膝や腰に鈍い痛みを感じた経験があると思います。長時間立ち仕事をしていたり、逆に何時間も同じ姿勢で座っていたりすると、いつの間にか腰に大きな負担を与えてしまっている場合があるので注意が必要です。...