お歳暮は相手が受け取りやすい物にする

main-img

お歳暮でお世話になっている人に感謝の気持ちを込めて、贈り物を選んでいくことが大切ですが、高価なものだと相手が受け取りにくくなります。

お歳暮に関する情報を提供中です。

いくらお世話になっている人でも、相手が困ってしまうような金額にならないように、注意することをおすすめします。

感謝の気持ちを込めて、できるだけ良いものを贈りたいと考えている方も、予算を決めていることで、相手が受け取りやすい内容にすることができます。


5000円ほどのものにするなど、それ以上金額になってしまうと相手が気を使ってしまう場合を考えて、お歳暮選びを進めていくことも大事なポイントです。
お世話になっている方に、気持ちがこもるような形になれば十分なので、数千円程で無理なく購入できるもののほうが、受け取ったときにお礼の電話もしやすくなります。
お世話になった方と今後もお付き合いを続けていきたいときに、お歳暮を毎年贈ることを考えると、高価なものだとお互いに商品選びが大変に感じてしまいます。



トラブルが起こることのないように、金額の上限を事前に決めていると、お互いに気を使う心配なく今後も交流できるようになります。


友人との付き合いも、お歳暮はコミュニケーションをとる良いきっかけにもなります。



学生時代に仲の良かった友人がいても、大人になってから県外で住むようになり、あまり会う機会がなくなるケースもありますが、お歳暮をきっかけに挨拶をする時間を作るなど、自分の言葉で話ができます。

お歳暮の基礎知識

subpage01

お歳暮は贈る側はマナーを守って、時期や商品などをしっかり選ぶ事がポイントです。ただしマナーとしては送る側だけでなく、贈られた側にもしっかり対応する必要があります。...

more

お歳暮の驚く情報

subpage02

お歳暮は、日頃お世話になった方々に、1年の締めくくりに「1年間ありがとうございました」「これからもよろしくお願いします」という、お礼の意味をこめて贈る品です。起源は室町時代で、お正月に先祖の霊を迎えるための、お御霊祭りのお供えが贈られていましたが、江戸時代になると、商人が長屋の大家や取引先に「日頃お世話になっています。...

more

お歳暮の大人の常識

subpage03

日本には古くから続いている風習が多くあり、季節の風物詩になっています。その中には他の人に日頃の感謝の気持ちを物品で表現する場合があり、年賀はがきや暑中見舞いなどがありますが、似たような形式でお歳暮があります。...

more

お歳暮のおすすめ情報

subpage04

家族構成にも注目しながら、お歳暮を選ぶことで相手に喜んでもらうことができ、失敗しないギフト選びができるようになります。例えば、夫婦2人で生活するご家庭に、大きなサイズのギフトを贈ることで、量が多くて困ってしまう場合があります。...

more