• 上手な勤怠管理はタイムカードを使います

    従業員の勤怠管理は重要なことです。

    従業員の遅刻や早退が多いと生産効率が下がります。
    働かせ過ぎると労働基準法に抵触しますし、従業員が病気などで倒れると業務に支障をきたす恐れがあります。近年では過労や残業がニュースで取り上げられることが増えています。
    従業員の勤怠管理は生産効率を維持する上で重要なことだと言えます。



    経営者や上司には、上手に舵取りする能力が求められます。
    比較的簡単に勤怠管理を行う方法として、タイムカード制度を導入することが挙げられます。タイムカード制度では、専用のカードをタイムレコーダーに挿入して、出社時刻や退社時刻などの情報を記録します。

    従業員は最低でも2回、出社時と退社時の日時をタイムカードに記録します。


    これによって、従業員1人が何時に出社して何時に退社したのか一目瞭然です。

    OKWave情報なら、こちらをご参考にしてください。

    遅刻や残業時間の把握は勿論、毎日の労働時間も分かる仕組みになっています。

    このタイムカードを定期的に確認して、遅刻の多い従業員には注意を行い、残業の多い従業員には早く帰宅するように促します。タイムレコーダーは休憩時間を記録することもできます。


    細かく休憩を取らせて、従業員の疲労や集中力を回復させられます。


    タイムカードに記録された情報は勤怠管理に使う以外に、給料計算に使うことができます。カードに記録された情報から従業員1人の総労働時間を求めることができます。
    給料計算業務を短縮出来るので、経理や会計の負担を大幅に減らすことができます。