• タイムカードを使って勤怠管理をしよう

    従業員の労働時間を正確に記録することは、勤怠管理をする上で重要な事だと言えます。労働時間を正確に記録する方法として、タイムカード制度を導入することがあります。

    この制度は専用のカードとタイムレコーダーを利用して、毎日の労働時間を記録するというものです。
    タイムカードには出勤時刻や退勤時刻などを記録できる欄があります。
    タイムレコーダーは正面に現在の日時が表示されており、カードを挿入することで日時を印字してくれます。


    従業員は原則として、最低1日2回、出勤した時と退勤する時に日時を印字することが義務付けられます。

    タイムカードで勤怠管理の情報探しはそれほど難しくありません。

    これによって、従業員1人が何時間働いたのか把握できるようになります。


    タイムカードで勤怠管理をすれば、遅刻や早退、残業も一目瞭然です。

    遅刻の多い従業員を注意して改善させたり、残業で働きすぎの従業員を休ませたりできます。
    従業員を働かせ過ぎると労働基準法に触れてしまいます。

    goo ニュースについて知るならこのサイトです。

    病気などで倒れてしまうと業務に支障をきたすことがあります。


    タイムカードで勤怠管理をしていれば、働かせすぎの防止になります。


    自動集計機能を持つタイムレコーダーを使えば、給料計算の業務を短縮することができます。タイムレコーダーの内部に従業員の労働時間を記録することができ、パソコンに繋いで記録したデータを出力することができます。

    データは専用の計算ソフトやExcelで活用することができます。

    予めマクロを組んでおけば、給料計算の業務を大幅に短縮できます。
    導入予算と相談して利用するタイムレコーダーを選びたいです。