コピー機をレンタルすることで得られるメリット

インターネットで送信する時代ですが、情報を残すという観点から現在でもコピー機は重要な役割を担っています。コピー機を使うメリットとしては、同一の情報を紙面に印刷できるので迅速かつ広範囲に情報を伝達できることです。そんなコピー機を導入する際に気になるのが、新規企業にとってコピー機の導入はコストがかかってしまうことです。業務用の購入金額の平均は一台当たり10万円がめどですが、これが1台から3台程度であれば問題はないですが10台以上を獲得するとなると負担が大きくなります。

そこで新規企業でも手軽に導入できる方法として、利用者が急増しているのがレンタルサービスです。レンタルサービスは月額使用料を支払うことによって、業者から仕入れることができるサービスになります。レンタルを活用するメリットは、相手側が指定する金額を支払うことができれば必要な台数を最短で仕入れることができる点です。業者が保有しているコピー機というのは、最新式から1年以上たった中古を活用しているので迅速に導入できる理由になります。

もちろん中古だからと言って壊れやすいというわけではなく、業者が責任をもってメンテナンスをしているので新品同様に利用することができます。そしてレンタルサービスの保有権の半分を業者が持っていることで、仮に使用中に問題があって壊れた時にはすぐに別の商品を送ってくれるので業務への支障がないです。ただレンタルサービスを長らく使っていると購入するよりもコストがかかってしまうため、しっかりと財務管理を行い新品を購入したほうがコストカットができるようになったら切り替えることがおすすめといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です