コピー機のレンタルサービスを利用するメリットとは

コピー機のレンタルはリースと比べて契約期間が短いというメリットがあります。7割以上の企業がコピー機のリースサービスを利用していますが、一般的な契約期間は5年から7年とされています。リースは契約期間が長いだけでなく、途中で解約した場合には2か月分の料金を解約金として支払います。実際に5年から7年にわたってコピー機を使うかどうか未定な場合には、リースではなくレンタルを選ぶとよいでしょう。

リース契約を締結した後に会社が倒産した場合は、連帯保証人となっている経営者が全ての負債を負担することになるので注意してください。コピー機のレンタルサービスは契約期間が3か月から2年ほどと短いため、個人事業主が新たに事業を始める場合や法人を新設する場合などに最適です。リース契約は法人しか契約者になることができませんが、レンタルならば個人事業主でも契約者になれます。家電量販店などで購入できる卓上インクジェットプリンターでも、十分な性能を備えている場合があります。

しかしインクジェットプリンターとレーザープリンターでは、印刷の品質に大きな違いが存在します。印刷物の品質を重視するのであれば、レーザータイプのコピー機を借りるとよいでしょう。リースサービスは料金が高額であり、契約を締結するために連帯保証人を用意して審査を受けなければなりません。利用者の状況によっては審査を通過できない場合もありますが、レンタルならば長期間にわたる高額な契約ではないので審査はありません。

リースを選んだ場合と比べて導入がスムーズな点も大きなメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です