コピー機のレンタルサービスの特徴

企業へのコピー機の導入は、リース契約が大部分を占めていると言われています。ただ、その導入はレンタルでも可能です。そんなレンタルでコピー機を導入すると、リース契約と違って短期間の契約hsできます。一方で、リース契約でコピー機を導入する場合5から6年の長期契約が原則で、中途解約をすると解約金の発生が避けられません。

そのため、ペーパーレス化が進む中でどれほどコピー機を使うかわからない新規事業の立ち上げ時やイベントなどのスポット的利用の際には必ずレンタルを利用しましょう。また、レンタルで利用している限りその支払いはすべて経費処理で済ませることができます。ゆえに、減価償却などの手続きが一切必要なくなり、面倒な事務処理をすることなく使い続けることができるのもメリットです。加えて、短期契約が基本であるがゆえに審査が簡単、あるいはそもそもないことが多く導入スピードが非常にはやいところもレンタルならではの特徴と言えます。

ただし、導入できる機種は購入はもちろんリース契約に比べても限られています。希望の機種を導入できるとは限りません。また、その際に使えるのは旧型の中古品がほとんどです。さらに、希望の機種が借りられるとは限らないだけでなく、月額利用料金もやや高めに設定されている点には注意が必要です。

加えて、導入時に初期費用の支払いが求められることが多いので、そのサービスの利用は計画的に行うことが重要と言えます。コピー機のレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です