コピー機をレンタルするメリット

コピー機をレンタルすることによって、個人でも契約できる・面倒な審査がない・契約期間が短いなどといったメリットが生まれてきます。仕事をしていく上でコピー機は必要不可欠なものとなっていますが、レンタル契約であれば個人でも手軽に導入することができるので、幅広いユーザーが利用可能になります。さらに面倒な審査を必要としないのもメリットで、リース契約の場合だとどうしても高額料金の契約となってしまうため、連帯保証人を付けて審査をする必要があり、リースの契約書は個人のローンと同じような感覚でかなりのボリュームがあるので、場合によっては審査が通らないケースもあります。借りるだけであればリース契約のように長期間の高額な契約をするわけではないため、契約の取り交わしだけで審査もなく手軽にコピー機を導入することが可能になります。

レンタル契約は、いつでも解約できる点が大きな特徴で、リースの場合だと5~6年の長期契約が原則となっていて中途解約ができないので、事業計画が定まっていないときやイベントなどといったスポット的な用途で利用する場合はレンタルする方が最適といえます。コピー機の導入方法を判断する基準は利用期間といえるので、3年以内の短期利用であればレンタル、3年以上の長期利用であればリースというように利用期間で選択することで総額の支払いを安く抑えることが可能になってきます。また、カラー印刷が多い場合だと短期利用でも高くなってしまうケースがあるので、利用期間だけではなく毎月どの程度印刷するかも想定して判断することが大切になります。コピー機のレンタルのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です