ソフトバンクairを使用する場合の注意点

ソフトバンクairはコンセントに接続するだけで簡単に自宅内でWi-Fiを利用することができる非常に便利な接続方法であることや、月々4800円程度で気軽にWi-Fiを利用することができる点などが注目されており、話題となっています。

実際に家庭内でWi-Fiを利用する場合には自分でルーターを用意し設定するか、もしくはポケットWi-Fiなどを利用し接続をすることが必要となりますが、自分でルーターを用意する場合には設定を行うだけの技術力と知識が必要となり、またポケットWi-Fiの場合には通信速度や適用範囲などに注意をすることが必要となります。この点ソフトバンクairはコンセントに差し込むだけで利用できると言う点から、非常に使いやすいと考える人も多いのです。

ここで注意をしなければならないのは、ソフトバンクairはソフトバンクの携帯電話回線を利用したWi-Fiサービスであり、基本的にはポケットWi-Fiとあまり大きな違いはないと言うことです。すなわち、有線の光ファイバーなどを利用した場合に比べ携帯電話のアクセスポイントの利用率や大気の状態によって通信速度が変化することがあり、また設置した機器から実際の端末までの間の環境をこれに影響すると言う点を意識しなければなりません。

そのため様々な条件での通信速度に対する影響を受けやすいことから、場合によっては速度制限がかかってしまうことも多く、さらに大容量のファイル転送などは制限されている点を注意が必要となるのです。ソフトバンクairを利用する際には通信速度に関して十分に考慮することが必要です。現在はアクセスポイントの増設も充実していますが、様々な影響で速度が変化する確率が高いことを意識して使用することが重要となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *