ソフトバンクのairについて

ソフトバンクのairとは、無線通信を使用機器を貸し付けることでその電波が届く範囲に無線wifiスポットを作り出すことができるサービスになります。

固定回線の場合、インターネット回線を確立するにあたり、工事を必要としますが、工事を出来ない場所、例を挙げますとマンションなど許可を取らなければ回線工事を行えないという問題を解決する手段としてソフトバンクのairが回線工事を必要としないため、即座にインターネットにアクセスする端末となります。airはソフトバンクの無線通信機器のサービスになりますので、通信機器をコンセントに刺すだけで即座に無線スポットとして使用できる特徴があります。

この無線通信機器については、インターネット上のソフトバンクのairサービスを取り扱っている事業者に応募し利用料を支払うことで利用可能な無線通信で、利用することが可能なエリアを事前に確認してから応募をします。これは、無線通信の電波が届かないエリアも存在しており、利用者の方のエリアが電波が届かないエリアであるかどうかを確認するために事前確認が必要であるということです。

通信方式が優先ではない分、通信を確立できないエリアに関しては電波が受信できず、インターネット回線として十分に機能しない可能性が高いため、ソフトバンクのairのサービスを扱う事業者は事前に利用者となりえる方のエリアが電波を受信することができる環境下であるかを九人後申し込みをするという手法となっているのです。その為、優先のネット回線と比較すると、工事が不要な分、電波受信ができないエリアである可能性も高いサービスです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *