ソフトバンクairは工事不要のネット回線です

インターネットの回線を自宅に引き込む場合には、回線の工事が必要で近くにある電信柱から光ファイバーケーブルを引いて家屋内に引き込みます。

このために一戸建ての場合には、壁に穴をあける工事が必要になりますので一般的に電線や電話線が家屋内に引き込まれている箇所を使いますが、既存の引き込む管が狭い場合には新規に穴をあける工事が必要となります。

その後パソコンを使う部屋に光コンセントを設置しますが、この場合も天井裏にケーブルを通す工事を行い壁に光コンセント壁面に設置します。回線の設置工事は多くの場合無料で行っていますが、外壁に穴をあけたり壁面にコンセントを設置すると言った工事が必要となります。

インターネットは光コンセントにLANケーブルを接続するか、ONUと呼ばれる光回線終端装置にLANケーブルを接続して利用しますが、ケーブルが届く範囲で使用するか市販の無線LAN装置を購入して利用することになりますが、設定は自分で行うことが必要です。

ソフトバンクが提供しているairのサービスはこのような工事は必要が無く、コンセントにソフトバンクが提供する小型端末を差し込んで、インターネットに接続したいPCやスマートフォンの設定をすれば直ぐに使うことが出来ます。

ソフトバンクairはポケットのWi-Fiの家庭用と言ったイメージですが、使用容量の制限も無く回線スピードも下りで962Mpsと高速です。ソフトバンクairは、工事の必要なしに利用出来るインターネット回線で家の中有ればどこでも利用出来る便利なサービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です