Wifiをざっくり言うと通信回線のことです

今の時代、ある年代以降の方はほとんどの人がインターネットを使っているはずです。

インターネットは生活に浸透していますが、それを利用するときに使うのがWifiです。Wifiと聞きますと、なんとなく専門的な用語で難しい感じがしますが、タイトルに書いていますように、要は無線のことです。

例えば印刷をするときに使うプリンターですが、パソコンが普及しはじめた頃は接続方法は有線回線でした。有線ですと、つながっているのが目で見えますので安心感はあります。

ですが、有線回線はコードが「邪魔になること」や「絡まったりすること」が問題点です。そうした問題を解消するために、無線回線が利用されるようになりました。しかし、無線の問題点はつながり方が遅かったり悪かったりすることです。

その理由は無線同士がお互いを邪魔するからですが、今の時代はそうした問題もほぼ解消されるように技術が進歩しています。また、よく言われるのは電子レンジの電波が無線を邪魔することです。

ですから、マニュアルなどには「電子レンジの近くには設置しない」などと書いてあることが多いです。無線とWifiの違いを聞く人がいますが、厳密に言いますと違いがありますが、業界が無線よりもWifiのほうが普及しやすいと考えたようで、今での無線と同じ意味で使われています。

Wifiが進歩したことで居間にルーターを設置して2階のパソコンやスマートフォンなどを使えるようになり、インターネットは一段と利用しやすくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です