キャリア回線からWifiに切り替える利点とは

スマートフォンやタブレットは、基本的にキャリア回線でネット接続をします。

ネット検索をしたり、クラウドサービスを利用したり、オンラインゲームアプリを使うたびに通信量が増えていきます。契約内容によって微妙に差はあるものの、大量にデータの送受信をすると通信料金が大幅に加算されたり、通信速度が著しく落ちる、所謂通信制限の状態に至るのがネックです。

今現在主流のスマートフォンやタブレットであれば、キャリア回線の他にWifi接続が行えます。自宅にワイヤレスルータを設置し、個人的にインターネットプロバイダーと契約を済ませれば、個人宅でもWifiが導入可能です。

長時間ネット検索をする際、ネット動画やオンラインゲームを楽しむ際、キャリア回線からWifiへと手動で切り替える事で通信量や通信料金の大幅な節約が実現します。

Wifi環境が自宅内にあれば、様々な電子機器がネット回線にコードレスで接続出来ます。有線だとケーブルが必要です。LANケーブルもまた魅力的な通信方法ですが、物理的な線に縛られるのがネックです。

また同時に複数の製品をオンライン化させることは出来ません。一方でWifiであれば、無線で各製品とルーターを連動させるので置き場所は自由自在です。

また同時にスマートフォンやタブレット、テレビやプリンタや据え置き型ゲーム機やノートパソコンなどを一挙にオンライン環境に置けるのも、無線通信特有のメリットとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です