交通事故にあった被害者が一番多く感じる不満は、交通事故の慰謝料です。「こんなに恐ろしく危険で痛い思いをしたのに、こんなに安いの」「安すぎる」という不満が一番多いです。

交通事故の慰謝料には、3つの基準があります。
それは、自賠責基準、保険会社基準、弁護士基準です。

この中で、自賠責基準が一番安く、次に、保険会社が提示する基準、最後に弁護士基準が一番高いです。


多くの交通事故の被害者は、裁判の手間を考えて、弁護士に相談にしたり裁判にかけることはありませんが、そうなると、保険会社の提示する示談金で解決することになります。

オリジナリティに富むOKWave情報探しならこちらをご確認下さい。

しかし、これらの保険会社の慰謝料の基準は、各保険会社で公表されておらず秘密にすすめられています。
そのため、全く、相場がなく、たいていは、低く抑えられてしまう傾向があります。


一方で、弁護士基準の場合は、そのほとんどが過去の交通事故の慰謝料の判例に基づいて、示談交渉に入り、だめな場合でも裁判にして公平に裁くために、被害者が納得できる結果に近づきます。

そのため、弁護士に一度でも相談すると得です。

交通事故の慰謝料はかなり有益な情報が揃っています。

各法律事務所では、30分5000円の法律相談を行っていますので、保険会社が提示する示談金に、おかしい、納得できないと感じられた場合には、示談が成立する前に、相談に行くとよいです。



注意点は、示談が成立する前にいくことです。
なぜなら、示談とは、「この件に以後は何も言わない、解決済みと認めた」ということを意味するために、示談の成立した後から蒸し返すことは難しいからです。

Copyright (C) 2016 交通事故の慰謝料は弁護士に相談に行くとよいです All Rights Reserved.