• 勤怠管理システムを導入してタイムカードの廃止

    現在、多くの中小企業では、昔ながらのやり方としてタイムカードを用いて勤怠管理を行なっています。ただし、このやり方の場合には問題があり、勤怠管理システムを利用することが増えてきています。

    タイムカードで勤怠管理情報が揃っています。

    まず、タイムカードを利用すると、どうしても実際の働いた時間を管理しにくいといったことがあります。手書きであるため、朝早く出勤したにもかかわらず、通常の開始時間を記入したり、終了時間を記入したにもかかわらず、そのあと仕事を続けて行うといったことがあります。

    Yahoo!知恵袋のいろいろな情報を集めました。

    しかし、勤怠管理システムを用いれば、パソコンのログインやログアウトのタイミングで打刻をしたり、GPSの機能を用いて、会社の出入りを管理したりなど、そういった問題を解決することができるのです。
    そのため、労働問題が厳しく取りざたされている現代社会においては、そういった問題を未然に防ぐ手助けとなります。さらに、タイムカードを使用すると、従業員の勤怠の時間を集計するときに、わざわざ数字をパソコンに入力してエクセルなどを用いて集計するなど、手間がかかってしまいます。


    また、人間が目視で確認してパソコンで入力していくため、従業員の多いところでは入力のミスなども発生する場合があります。そういった場合に、勤怠管理システムを用いるとするならば、開始時間と終了時間をそのまま抜き出すことができるので、ミスもなく簡単に情報を抽出することができるのです。



    このようにして、勤怠管理システムを導入してタイムカードを廃止するとメリットがあります。

  • 基礎知識

    • 従業員の勤怠管理は重要なことです。従業員の遅刻や早退が多いと生産効率が下がります。...

  • 企業のコツ

    • 勤怠管理は確実なのは出勤の時、昼休みの時、休憩に入り終わる時、帰宅の時などにタイムカードを必ず押してもらうことです。確実に休暇や出勤のことが把握でき間違いない給与計算や従業員にたいする、教育ができます。...

  • これからの企業

    • タイムカードによる勤怠管理は、現在でも多くの職場で利用されています。勤怠管理システムのほうが主流になってきているという意見もありますが、インターネットに接続された環境が必要だったり、パソコンやタブレットなどが必要だったりするので、どのような場所でも手軽に導入できるタイムカードにはまだまだ導入のしやすさでは劣るという印象です。...

  • 企業の常識

    • 従業員の労働時間を正確に記録することは、勤怠管理をする上で重要な事だと言えます。労働時間を正確に記録する方法として、タイムカード制度を導入することがあります。...